バンクーバーオリンピック

余り関心も無かったバンクーバーオリンピックも 愈愈閉会式を迎えた。
どのチャンネルを廻してもオリンピック報道で その為 いつの間にかTVに釘付けになっている自分がそこに居た。
ルールも知らない「カーリング」などチーム青森の真剣な眼差しを見ていたら 判らないルールもわかってくる感じがして面白い。要は円の中心に最後に自分達のストーンが残れば勝ちだ。
一方で採点が不明確と言うか恣意的な部分や直近の実績などで左右される競技も有るように思った。


フィギアスケートなど 私にはそう映る。
実績が有り 上手い素晴らしい 優勝候補とかいった潜在意識に刷り込まれたイメージは中々払拭できないので 恣意的に採点が行われていないだろうか? 
そんな思いもあってか転んでは減点が大きく 心配で見ていられない。チャレンジはして欲しいが「転ばないで・・・」と願うその気持ちが強すぎて 結局LIVEでは見ていられなかった。結果を聞いてから安心して見ていたのは私ぐらいだろうか?

このことで思うことは やはりビジネスでも「あの人はできる 切れる人 いつも良いアイデアを持っている 素晴らしい人だ」と言ったイメージはビジネス社会でも重要なアドバンテージになるのではないだろうか? 

日々の中で 良いイメージを関係する方々に刷り込まねば・・・と言った思いは間違いなく 会社の看板をピカピカに磨く事になるだろう。但し 嘘~誇大はダメだ。
一度 自分のアドバンテージとは何だろう・・・と立ち止まって考えてみたい。
皆様も「貴方のアドバンテージは」と言われたら なんと応えますか?