ネアカ運転手のひとり言 ~行動(エネルギー)の源泉とは~

行動(エネルギー)の源泉とは 何処から湧き出て来るんだろう?
焼肉を食べて良く寝て・・・とかいった事ではなく 自分の心をゆり動かす精神的なものは何か・・・と言う感じです。
「そりゃあ~やっぱり自分の為でしょう」「自分が可愛いから自分の為に」と言うのも判らないわけじゃない。


しかし自分の為だけに本当に人間って動けるのだろうか? 
会社や仲間の為 愛する人達の為なら 動けると言うのは偽善に聞こえるのだろうか? マズローの「欲求の五段階」を思い浮かべてみると 今の時代に 食べる事 生存する事に必死にならねばならないことも余り無いし 今少しゆとり豊かさや余裕があるとしたら やっぱり「自分ではなく 誰かの為に生きる」のも悪くはないし 自分を幸せに導いてくれるような気がする。 私には心地良いものと思うのだが・・・己のみの成功に汲々とするような生き方に 「人生の喜び」は無いと私は確信する(チョットかっこ良過ぎるが・・・)。

さすれば誰の為なら 貴方は日々の活力(エネルギー)が生まれますか? 
たった一人の為 或いは組織等複数の人達 色々考えられるが 一度思い浮かべて自分の活力・行動(エネルギー)の源泉を再認識するのも面白い。