「気」について・・・

「気」について・・・木蓮の花が咲き 花冷えに耐えて咲き続けている!

久方振りに東京23区のマンションが完売御礼それも 予約段階で即日完売が出てるそうな!

購入世代は団塊世代からポスト団塊世代と言うことで30歳代前半と言われ 価格帯も4000~5000万だそうです。いよいよ都内のマンション在庫が適正から底を突いたのこも知れないと言う。
いずれにしても少し景気が上向きかなぁ~と思える現象は何か心が晴れやかになります。どんな生活環境のマンションなのだろう?マンション探しはもの凄いエネルギーのそれも長い期間の持続が必要ですが それでも中々思い通りのものが見付からない。
シャッターの半分以上閉まった商店街や狭い路地を毎日通勤するのは気が滅入るし殺がれる。通勤路の「気」って毎日の事だから大事ですね!私は財布の中身と相談しながら やっとこれで良いかなぁと思えるもの~見つかった。街路樹があってキッチリ歩道が整備された通勤路です。
「家の軒先から紅梅が見える~庭には白梅があるのだろうな~桜はまだだし~」とか思いながら通っています。 通勤途中の公園の隅っこに木蓮が寂しく佇んでいます。1本だけ!3月初めには蕾であったのが中旬には息吹初め膨らみ 17日のノー残業デェーの帰り道にとうとう花開いた!天の恵みを一際受けて誇らしげに音を立てて花開いたのだろう! 側に居て力強い音を聞いてみたかった。今週は冬に逆戻り 花冷えに耐えて 萎むことなく 誇らしげに今も私の「気」に気を遣っていてくれる。桜はもう直ぐ・・・公園には一杯の桜の木が・・・
そう~こう言うのが欲しかったのです。「気」です。