ネアカ運転手のひとり言 ~計画と実行について~

display
3月は多くの企業で決算を向かえ そして新しい期が始まり 新社長が方針表明という形で新聞紙上を賑わせている。
この時期 何処の会社でも社長の重要な仕事に年度計画の方針発表があり 大会社も中小企業の社長も 大変なプレッシャーと思う。
 何の目的で経営方針発表会をするのだろう・・・

我が社の経営方針の理解? 営業政策の発表? 決意表明?

全て正しいようだけど 「よ~し今年もやるぞ!頑張るぞ!」と社員が思い 血湧き肉躍る高揚した気持ちを一年間持続させられるだけの「気持ちの充填」ができれば それが一番の目的なんじゃないだろうか!

逆にこのことさえ出来れば経営方針発表と言ったお堅い形でなくとも カラオケ~温泉旅行でも何ら問題では無い様な気がする。

チョット暴言だが・・・まぁ~そんなことをしている会社を聞いた事がないから ダメなんだろうけど あればユニークで評判になるでしょうね。

一年間「やる気」を持続させる・・・そういう意味から 立派な計画を立てるより 計画を確実に実行する事の方が大事と言われるのでしょう。
 実行は「やる気」と言うエネルギーの源泉を沸かし続けなければならないから。

こんな計算式が成り立つのかな???

  100点満点の計画書×実行度50%=50点
  80%の計画書×実行度80%=64点 →◎